Finca clavelines , tolima, colombia

フィンカ クラベリネス  トリマ / コロンビア

Finca Clavelines
フィンカ クラベリネスはTolimaのPlanadasという地域のEl Divisoに位置する農園です。農園は海抜1900mに位置し、オーガニック認証を受けています。周辺地域の生産者と同じように、彼も専用のベネフィシオ(小さな精製所やドライイング設備)を持ち、精製を行なっています。
TolimaはHuilaの北部に広がり、コロンビア全土の中心から南部に位置するエリアです。収穫期は6月~8月、Huilaや他の地域とは異なり、主に年に一度だけ収穫を行い、1シーズンの収穫を3~4回に分けて行います。1回目と最後の4回目は品質が十分でないものが多く、私たちはもっとも品質の高い2回目と3回目に収穫されたコーヒーを買い付けます。
風味も他の地域と比べると独特で、明るく繊細で、ほのかな果実感とベリーの風味を持っています。

コロンビアのオーガニックコーヒー
Tolimaでは農園がオーガニック認証を獲得する動きが増えてきており、Finca ClaverinesもコロンビアとEUの2つの地域でオーガニックの認証を受けています。
コロンビアにはBodegaと呼ばれる取引所があり、そこではエクスポーターと共に農学者や生産者たちが品質管理を行っています。フィンカクラベリネスが位置するPlanadas周辺の農園で栽培されたコーヒーは、Bodegaに持ち込まれ、分析・カッピング・選別されます。また、このエリア周辺には中小規模の農園がいくつもあり、多くが海抜2000mの高い品質のコーヒーを作り出すことに適した環境にあります。
素晴らしいことに若い世代の生産者が多く、彼らの農園は多くが10ヘクタール以上の大きさ、品質だけでなく収穫高のポテンシャルも見込めるサイズを有しています。この地域では、すでにオーガニック認定を受けている農園もありますが、そうでない農園も徐々に認証を受けようとしています。

オーガニック認証のコーヒーを選ぶ時も、その他のコーヒーの買い付けと同様に、ブラインドカッピングにより判断します。
また、農園や生産者達を支持するために、一般的な市場価格よりも高い値段で生産者からコーヒーを買い取りますが、オーガニック認証を受けたコーヒーに対しては、加えて奨励金としてさらに高い価格でコーヒーを買い取っています。
こうした奨励金を受け取ることで、生産者たちはパラボリックドライヤーなどへの設備投資やシェードツリー(コーヒーツリーが直射日光によって焼けてしまうことを防ぐために植える樹木)の購入に資金を当てることができ、こうした取り組みがコーヒーの精製プロセスの改良による品質向上や、樹木としてのコーヒーの栽培の継続性を高めていくことに繋がります。

FLAVOR PROFILE
ラズベリーやパパイヤの風味。アーモンドチョコレートの様な甘さ。

Raspberry, Papaya, Almond chocolate.

 

Region: Tolima
Area: Planadas
Producer: Didier Ucue Sanchez
Altitude: 1900 masl  
Picked: June - August 2017
Varietals: Colombia, Caturra
Process: Organic,Fully Washed
Production process:
Tolimaで栽培されるコーヒーは主にフルウォッシュドです。つまり、コーヒーは伝統的な方法でパルピングされ発酵されます。コーヒーはメカニカルディパルパーで果肉と外皮を取り除かれ、小さなタンクの中で発酵・洗浄された後、パラボリックドライヤー(屋根付きの乾燥棚)でドライイングされます。

Drying: 
Tolimaにおける小規模農家のほとんどがコーヒーをパラボリックドライヤーの中で天日干しにしてドライイングします。パラボリックドライヤーには多くの形状や種類がありますが、そのほとんどがグリーンハウスの様にコーヒーを雨から守るために用いられます。良い生産者はより通気性のよいパラボリックドライヤーを持っています。