New Colombian Coffee "Astrid Medina #10 "

New Colombian Coffee
Astrid Medina #10

Fuglen Coffee Roastersが始動してから今年の夏で3年が経とうとしています。
約3年の間に50種類以上のシングルオリジンコーヒーを皆様にお届けしてきました。
私達ロースターにとって買い付けたコーヒー豆をどの様に焙煎し、そのポテンシャルを引き出すのか考える事はとても大事な事です。試行錯誤を繰り返して常にそのコーヒーと向き合わなければなりません。

同じ様にどんなコーヒーをどこから買い付ければ良いのか考える事もロースターの大きな仕事です。
知識や情報の共有が進み、高い品質のコーヒーに以前よりもアクセスしやすくなった様に感じますが、その中で何を選択するのかはとても重要な仕事です。

生産者の顔がイメージできる、どの様にコーヒーを栽培して精製しているのか知っている。
味が美味しいことは大前提ですが、それ以上の事を私たちが想像できるかどうかも大事なポイントになってきました。

Astrid Medinaは今回が初めての買い付けですが、昨年Colombia訪問の時からずっとお届けしたいと思っていたコーヒーです。

P6050724 web.jpg

ASTRID MEDINA #10 / COLOMBIA

______________________________________
 

FLAVOR PROFILE:
新鮮なオレンジのような風味と、ベリーのような甘さ。


Farm: Finca Buenavista
Farmer: Astrid Medina
Region: Gaitania, Tolima
Country: Colombia
Altitude: 1850 masl
Varieties: Caturra
Crop year: 2016

DSC00402-X2.jpg

Astrid Medinaはこのコーヒーを生産している女性の名前から名付けられています。
彼女はAstrid Medina Pereira。コロンビアでは第3のコーヒー生産の規模を誇るトリマ県の南部、Gaitaniaという地域で、父親から受け継いだFinca Buenavista(ブエナビスタ農園)を運営しコーヒーの生産を行っています。
2015年のCup Of Excellenceで優勝した事を皮切りに、世界中のコーヒーバイヤー達の注目を一気に集めた生産者でもあります。

彼女の農園があるGaitaniaという地域は人里から遠く離れたところにあります。道路などのインフラが整っていなかったことから交通アクセスが悪く、また長い間政府軍とゲリラによる紛争が続いていたため、何年もの間コーヒーバイヤー達が訪れる事がほとんどありませんでした。
そのためこのエリアはコーヒー生産に関してはあまり人々の注目を集めていませんでしたが、2015年にAstrid MedinaがCOEで優勝した事や、急速なインフラの発達によりトリマとそのエリアの生産者は今非常に大きな注目を集めています。

DSC00428.jpg

農園のサイズは約15ヘクタールでそのうち10ヘクタールがコーヒーの栽培に使われています。
ブエナビスタ農園ではAstrid Medinaの家族や夫Raulの家族も働いており、ほとんど全ての運営が家族によって行われています。特に収穫の時期には家族が集結し協力するので、コーヒーの栽培は彼女と彼女の家族にとって単なる仕事ではなく家族行事の様な意味もあるのかもしれません。

ここではコーヒーチェリーは丁寧にハンドピックされ、12~16時間の発酵の後、品質の良いコーヒーとそうでないコーヒーに選別されます。それぞれの工程には沢山の人間が関わっています。

ピッカーとして働く人々は決して高くない賃金で働かなければならず、それはここFinca Buenavistaでも同じです。彼らに継続して働いてもらいながら、高い品質を維持するためにどの様な作業が必要か理解してもらうのは本当に大変で、そして必要不可欠です。
ピッカーの中には自分たちの生活がかかっているので、品質の良し悪しよりも賃金につられて何の前触れもなく別の農園に移動してしまう人もいます。しかし必要な人数が働かなければ、コーヒーチェリーを的確な時期にピックする事ができず、収穫されたチェリーの品質は下がってしまいます。
そういうトラブルが起こらない様、彼らはピッカー達と理解し合うための努力を怠りません。
Astridと夫Raulは、収穫から精製までの全ての工程で一つでも間違いがあれば本当に品質の良いコーヒーは作ることはできず、良いコーヒーを作るためには共通のゴールを見据えて理念を共有し、積極的にコミュニケーションをとる事が大切だと考えています。

選別後、綺麗な水で洗われたコーヒーはドライイングベッドに移され乾燥させます。Tolimaでの乾燥工程は主に小さなパティオか、放物線状の風通しが良いドライイングベッドで行われます。Astiridが持っているドライイングベッドは雨避けも通気性もとても良く、文句のつけようがない様です。

この乾燥工程でコーヒー豆を決められた期間かつ一定の水分量まで乾燥する事ができなければ品質に大きな影響を及ぼします。もし規定量まで水分を飛ばす事ができなければコーポレーティブに出荷する事ができない事態もありえます。
コーヒーの栽培や精製が天候によって影響を受けてしまうのは避けられないことですが、こういった設備にきちんと投資をすることが品質を一定以上に維持し、コントロールすることに繋がります。

DSC00421-X2.jpg

Astridはコーヒーの生産に強い情熱を持っており、そして新しい意見や情報・技術に常にオープンマインドでいる生産者です。同時に自分のパートナーや子供達のケアを忘れない彼女の力強さをとても尊敬します。
Nordic Approachの面々も、初めて彼女と夫Raulに出会った時に彼らが素晴らしいコーヒーを作る生産者だとすぐに理解したと語っています。

情熱を注ぎ、丁寧に厳格に作られたコーヒーはカップクオリティにその努力がしっかりと反映されます。彼女の元から届いたコーヒーはフレッシュな果実を思わせる様な鮮やかな酸味とジャムの様なしっとりとした質感とその甘さが本当に素晴らしい。
あまり多くの量を購入する事ができませんでしたが、是非みなさん一度飲んでみてください。

オマケですが、Nordic Approachが作ったコロンビアの動画です。
1分くらいから少しだけFinca Buenavistaの風景を見る事ができます。
お時間のある時にどうぞ。