New Coffee from Brazil!!!

まだ決して多いとは言えませんが、FUGLEN COFFEE ROASTERSのエスプレッソ豆を取り扱っていただけるパートナーショップが少しずつ増えてきました。
家庭では抽出することが難しいエスプレッソだからこそ、FUGLEN TOKYO以外でも飲める環境を増やすことが大切な活動のひとつだと考えています。
日本中どこに住んでいても気軽にライトローストのコーヒーにアクセスできることはFUGLEN COFFEE ROASTERSにとって大きな理想です。
そういう想いもあって、エスプレッソロースト用の豆の選定は私たちにとってとても大きな意味をもちます。


前置きが長くなりましたが、そんな待ちにまったエスプレッソ用の大切なコーヒーがブラジルから届きました!

''PEDRO SANTANA, Brazil''

Farm: Cafundo
Owner: Pedro Santana
Region: Piatā, Bahia   Country: Brazil
Altitude: 1360 masl Varieties: Catuai, Yellow Catuai, Bourbon
Harvest: June - September 2016
Soil: 砂質系土壌
Process: Pulped Natural

バイーア州州都のサルバドルはブラジル第三位の人口を有する港湾都市

バイーア州州都のサルバドルはブラジル第三位の人口を有する港湾都市

PEDRO SANTANA夫婦によって運営されているCafundo農園はブラジル東部のバイーア州、ピアタという町にあります。
ピアタはディアマンテーナ高原の中に位置し、このエリアの標高はブラジルの中でも高く1200m前後で、その中でもCafundo農園は1360mに位置しています。
そのため、冬季は2度から18度と、品質の高いコーヒーを栽培するに適した環境です。
農園主のPEDRO SANTANAは以前、ブラジル最大の都市サンパウロに住んでいましたが、その忙しさから逃れ静かなライフスタイルを手に入れるため、1989年に友人からこの農園を購入し、現在は家族とともにここで静かな生活をおくっています。

農園主のPEDRO SANTANA

農園主のPEDRO SANTANA

Cafundo農園があるバイーア州はほんの10年前まではコーヒーの産地としてあまり知られていないエリアでしたが、Cup Of Excellenceのような品評会での成功とともに徐々に頭角を現しました。

私たちのパートナーである、ノルウェーを拠点にするグリーンコーヒー専門商社のNordic Approachはブラジルでは3つのエリアから10種のコーヒーを取り扱っていますが、どれも6〜70ヘクタールの中小規模農園です。
その中でもCafundo農園は28ヘクタールある面積のうち5ヘクタールだけでコーヒーを栽培し、農園は10のエリアに分けられ、品種ごとに精製されます。

ブラジルのコーヒーは大規模農園で機械を使って収穫し、安く販売されているイメージを持たれる方も少なからずいるかと思いますが、この農園の年間生産量は200バッグと少量で、繊細でトロピカルフルーツのような風味が特徴です。

右のデザインはパティオでのドライング風景をBendikが描き下ろした

右のデザインはパティオでのドライング風景をBendikが描き下ろした

Cafundo農園ではパルプトナチュラルとナチュラルの両方をプロセスで精製されていますが、私たちはパルプトナチュラルのコーヒーをセレクトしました。
普段私たちが取り扱うことが多いウォッシュドのプロセスと異なり、この精製プロセスでは果肉を除去したのちに水洗せずにパティオの上で乾燥させます。
そうすることで透明感がある中で、完熟した果物のような甘さも印象的なコーヒーになります。

今回、FUGLEN COFFEE ROASTERSではPEDRO SANTANAのコーヒーをエスプレッソ用と同時にフィルター用にもローストしています。
ベースとなるトロピカルフルーツのようなフレーバーの他に、アーモンドやミルクチョコレートのような甘さと、アプリコットのような爽やかな酸の質感を感じて頂けるはずです。

アイスラテやアイスアメリカーノとしての飲んでも清涼感があるので、これからの季節が待ち遠しくなりますね。

ぜひ一度おためしください!