NELSON RAMIREZ

ネルソン・ラミレズ ホンジュラス 

ネルソン・ラミレズのシェリー農園はヨホア湖という湖に面した、サンタバーバラの山脈沿いに位置しています。これらの山腹部分に栽培されているコーヒーのほとんどはパカスという品種で、ブルボン、イエローカトゥアイやパカマラと同種の品種です。

サンタバーバラの最高度地域は標高1800メートル以上もあり、生産者は稀に4−5度とかなり寒い気候を体験することもあります。また、湖がもたらす影響により気候状態が変わりやすく、雨も多いためコーヒーチェリーの栽培、特に乾燥工程には注意が必要になります。低温多湿の気候はコーヒーの生産に様々な影響をもたらしてしまうので、品質の劣化を防ぐためには安定した乾燥条件が必要です。
低気温及び、雨が重なると豆が熟すことなく枯れてしまうこともあります。

一方で、これらの工程が正確にコントロールされているのであれば、厳しい環境下での乾燥等、一見問題に見える要素も、この地域ならでの興味深い味わいのコーヒーを生み出すことになります。
マイクロクライメイトと呼ばれる微気候がもたらす影響が、中米唯一の特別にフルーティで、さらにキレイな透明感作り出すのです。

ネルソン・ラミレズは2016年に、屋根のある巨大なドライイングテーブルの設備に投資しました。
この設備は、サンタバーバラの不安定な天候の変化に対応でき、急速な乾燥や、雨による豆への影響を最小限にコントロールできるため、劇的な品質の向上が期待されます。

⇒オリジントリップの記事はこちらから。

FLAVOR PROFILE:
マンゴー、りんご、チョコレート

Mango, Apple, Chocolate..

 

Farm name: Finca Chely
Micro Region: El Cielito
Region: Santa Barbara
Country: Honduras
Altitude: 1450 - 1600 masl
Variety:  Catuai
Processing System: Washed
Harvest: February - March 2018