LAYO TIRAGA ETHIOPIA

ラヨ ティラガ エチオピア

エチオピア南部のSidamoはクリーンでユニークなウォッシュドコーヒーの産地であり、質の高い天日乾燥がされた、個性的な風味を持っていることで知られています。Layo Tiragaのコーヒーは独特かつ、はっきりとした素晴らしい風味を持っており、複雑な風味を持つ高地産のイルガチェフェと間違われることもあるほどです。

Sidamo地域には様々なエリアと栽培環境があるため、それぞれのコーヒーはとてもユニークで、様々な特徴があります。これらの品種はシダモタイプと呼ばれています。主に有機肥料によって栽培されています。また剪定はあまり行われていません。

このコーヒーはLayo Tiragaコーポレイティブのコーヒーであり、オロミアコーポレイティブユニオンを通じて販売されています。オロミアコーポレイティブユニオンはコーヒーを輸出する前に、ドライミル(パーチメントの除去)、選別、袋詰めまでを担当しています。彼らは、エチオピアの中でも最も新しく、そして最高とされるドライミルを所有しています。コーヒーチェリーはローカルの生産場所から購入し、標高2000メートル以上の高地から届けられています。ローカルエリアには複数のコレクションセンターがあり、チェリーは、最近植えられた木から取れた、改良された品種及び、伝統的な品種があります。
このファクトリーでは精製に使用した汚れた水を綺麗にする処理を行っているなど、環境にも配慮しています。また、パーチメントは常にドライイングテーブルの上で丁寧に選別していることも品質の向上につながっています。
私たちが今回購入したコーヒーは生産されている中でも最高級の品質の超希少ロットになります。

FLAVOR PROFILE:
ピーチの風味や柑橘系の香り。ハーブ。長く続く甘い余韻。

Flavor of Citrus and Peach. Herb. Long sweet after taste. 

¥1,780 / 200g (税込) BUY NOW!

 

Region: Guji, Sidamo
Altitude: 2100 masl
Picked: Dec 2015
Farmers:  周辺の約850の小規模農家
Varietals: エチオピアン・ヘアルーム。改良された品種とフォレストオリジンのネイティブコーヒー。
Grade:  Grade 15
Production process:  
コーヒーチェリーは精製工程に入る前に、生産者の手により未熟豆と過熟豆が取り除かれます。A4 - disc Agaardeパルパーという果肉除去マシンにかけられた豆は、果肉とパルプ質を除去します。コーヒーは密度により分けられ、24〜36時間(天候による)水の中で発酵されミューシレージを除去します。その後、 ウォッシングチャネルと呼ばれる水路で洗浄しなが、再度密度によりさらに2つのグレードに分けられます。完全に水洗いされた後は、綺麗な水に12〜24時間つけられます。
Drying:  
ヘシアンクロス(黄麻布)が敷かれたアフリカンベッドの上で10〜15日間天日乾燥されます。昼と夜、コーヒーはプラスチックのシートで覆われます。