Astrid medina #12

アストリッドメディナ 

Finca BuenavistaはTolimaの最南端のGaitaniaの小さな集落の中にあります。
コーヒー産地として長い歴史があり、その高い標高と恵まれた気候はコーヒーの栽培にとっては最適です。
人里から遠く離れたこのエリアは長い間、ゲリラの紛争に巻き込まれたため、そこへ行くこともできないほど危険なエリアでした。そしてインフラストラクチャーも悪く、ほとんどのコーヒーバイヤーは何年も買い付けに来ることはありませんでした。
現在はインフラも改善され始め、Tolima南部のコーヒーの生産は盛んになってきていて、2015年コロンビア・カップオブエクセレンスで優勝したAstrid Medinaによって、このエリアそしてトリマのコーヒーの評判は広がっていきました。
Astrid と夫のRaulはより良いコーヒーの生産方法の改良にとてもオープンマインドです。常に完璧なコンディションで農園を維持し、そして継続して新しい実験的な試みを行いながら、精製の改良に取り組んでいます。
コーヒーは収穫から精製、乾燥工程まで農園で行い、その後コーポレイティブにおける売買ポイントにパーチメントを届けます。
Tolimaはエルニーニョの影響でこの10年間で最も厳しい収穫でした。
しかし、このような厳しい環境下でも素晴らしいコーヒーを生産するAstrid Medinaと夫のRaul Antonioを尊敬するとともに感謝致します。
2016年6月のTolima訪問以来、私たちが彼女のコーヒーを提供するのは2度目になります。

Flavor Profile : 

柑橘、ネクタリン、紅茶のような質感。
Citrus, Nectarine, Tea-like.

 
 
 

Region: Tolima
Area: Gaitania
Producer: Astrid Medina
Altitude: 1850 masl  
Picked: June - August 2017
Varietals: Colombia
Process: Fully Washed

Production process: 
Tolimaで栽培されるコーヒーは主にフルウォッシュドです。つまり、コーヒーは伝統的な方法でパルピングされ発酵されます。コーヒーはメカニカルディパルパーで果肉と外皮を取り除かれ、小さなタンクの中で発酵・洗浄された後、パラボリックドライヤー(屋根付きの乾燥棚)でドライイングされます。

Drying: 
Tolimaにおける小規模農家のほとんどがコーヒーをパラボリックドライヤーの中で天日干しにしてドライイングします。パラボリックドライヤーには多くの形状や種類がありますが、そのほとんどがグリーンハウスの様にコーヒーを雨から守るために用いられます。良い生産者はより通気性のよいパラボリックドライヤーを持っています。

Drying: 最大21日間アフリカンベッドで天日乾燥されます。昼と夜の間、コーヒー豆はプラスチックのシートで覆われます。

Soil: 主にニティソル。ニティソルは高地や火山斜面地に分布しています。火山岩から生成され、他の熱帯土壌より科学的、及び物理的性質に優れています